ホーム社長ブログ>最強のテキストエディタEmacsをカスタマイズ

社長ブログ イメージ

最強のテキストエディタEmacsをカスタマイズ

HTMLしか書かなかった時は、テキストエディタにこだわるなんてことはなかったんですけど、Perlでプログラムを書き始めるようになってからは、複雑な構造を理解するために、やっぱりテキストエディタにこだわる必要が出てきました。

そこで、最強のテキストエディタと言われているEmacsを使い始めました。

最初は、秀丸などのスタンダードなエディタとは、操作方法が全く異なるので戸惑いましたが、あきらめずに本やWebで調べながら使い続けました。不思議なものですが、しばらく使っていると慣れてきて、もはやEmacs以外のエディタが使えなくなってしまうほど体に馴染んでしまいました。

エディタの使い方を覚えるのに、本1冊が出版されています。かなり役立ちます。エディタを使うのにこんな本が必要というのがすごいと思いますが・・。

↓入門 GNU Emacs

入門 GNU Emacs

さらに、いろいろとカスタマイズすると、使いやすさが格段に増します。ほんとに素晴らしいツールです。これがフリーというのは、すごいことですよ。

カスタマイズした中で感動したのが、透明度を変更できることです。複数のウィンドウを開いている時に非常に便利なのですが、それより何より見た目が美しい。

emacs_alfa.jpg

本やWebで調べて、カスタマイズしたものをいくつか書いておきますので、参考になればうれしいです。


;; ビープ音を消す
(setq visible-bell t)

;; ツールバーを消す
(tool-bar-mode 0)

;; perlをcperlモードにする
(defalias 'perl-mode 'cperl-mode)

;; CGIファイルにcperlを適用
(setq auto-mode-alist (cons '("\\.cgi$" . cperl-mode) auto-mode-alist))

;; インデントをスペース4つにする
(add-hook 'cperl-mode-hook
'(lambda ()
(cperl-set-style "PerlStyle")))

;; 起動時のフレームサイズ
(setq initial-frame-alist '((top . 25) (left . 5)
(width . 190) (height . 53)))

;; モードラインの背景色を変更
(set-face-background 'modeline "MediumPurple2")

;; 透明度設定
(if window-system (progn
(set-background-color "Black")
(set-foreground-color "LightGray")
(set-cursor-color "Gray")
(set-frame-parameter nil 'alpha 78)
))

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sigmadesign.co.jp/ja/mt-tb.cgi/68

コメントする

月別アーカイブ

最近のコメント

ツイッター

フッター区切り線